泡盛の銘柄にもなっている「轟の滝」

 

 

 

沖縄本島北部に数本の滝があります。

おそらく読谷村に一番近い滝はこちらでしょうね。

 

沖縄県指定名勝 轟の滝

 

沖縄県指定名勝の轟の滝は名護市の数久田(すくた)川へ流れる滝です。

 

 

看板の説明によると、滝の高さは約28m、滝つぼの幅約8m、深さ約1.5mとなっていますが、迫力がちょっと足りない感じがします。

 

もう少し近づいても、同じです。

梅雨に入ってもいっこうに雨が降らない沖縄、おそらく水量が足りないのでしょうね。

2018年5月25日現在の沖縄県のダムの貯水率は47.8%、平年より▲25.4ポイントです。

そろそろ雨が降らないと、断水になるかもしれません。

 

水量が豊富にあると、看板の写真のような迫力のある滝なんでしょうね。

 

 

轟の滝への行き方

 

名護市街地の手前で、「道の駅許田」のすぐ先にある場所です。

国道58号線を那覇方面から北上すると、「道の駅許田」を超えて、数久田(すくた)の交差点を右折。

 

すぐにこの看板が目につくと思います。

 

数久田川沿いを走ります。

 

数久田の集落を抜けるので、住民の迷惑にならないようにゆっくり走りましょう。

 

5分も走れば、突き当りが轟の滝の駐車場になります。

 

のんびり過ごせる公園のような雰囲気

駐車場横は芝生の広場があって、ブルーシートでも敷いて、お弁当でも食べたくなります。

「道の駅 許田」で弁当でも買って、ここで食べるのもいいかもしれませんね。

トイレも完備されてます。

 

 

ちなみに「轟」はヘリオス酒造の泡盛の銘柄に使われてます。

 

宿では轟のビンがアカヒレのボトルアクアリウムになっています。

お馴染みの生き物案内板

 

轟の滝までの道も綺麗に整備されてます。

 

振り返ると、このような景色です。

 

 

1分もあるけば、轟の滝が目の前に。

 

 

轟の滝は観光客も少なく、家族連れでのんびりするのにいい場所かもしれません。

でも、中国系の3世帯っぽい10人組がきてましたね。

End

 

〒905-0023
沖縄県名護市数久田609

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ