沖縄観光に便利な読谷村・東海岸編。

-->

読谷村は沖縄本島の中部に位置しているので、1ケ所に留まって過ごす旅行スタイルにはピッタリの場所です。

今日は沖縄本島西海岸・読谷村と逆の東海岸に行ってきました

11:40 宿を出発。

12:20 世界遺産・勝連城跡に到着。こちらは入場料無料です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一番上から見下ろすと、太平洋の中を通るドライブコースの定番海中道路が見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

勝連城跡の次はドライブコースの定番「海中道路」へ。

「海中道路」と聞くと海の中を走っている道路と思いますが、そうではないんですよね。

名前の由来は終戦後、干潟時に米軍の水陸両用車やトラックで往来していた、その光景から「海中道路」と名付けられたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここには道の駅でなく海の駅があり、駐車場のスペースが約300台と広く、1階には物産館、2階には海洋歴史民族資料館になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

沖縄ならではの鮮魚も売ってますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして海中道路を抜けると橋で4つの島に行けます。

13:30 一番遠い伊計島に到着。

宿を出発してから2時間足らずです。

伊計島には伊計ビーチ、大泊ビーチと有名なビーチがありますが、こちらは有料ビーチなので400円、500円の徴収があります。

なのでビーチにはよらずUターン、そしてお隣の宮城島の隠れ家的ビーチへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

草むらの中を通るように見えますが、簡単に下へ行ける道があります。

なかなかキレイなビーチです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シュノーケリングで海の中を様子見してみました。

風が強く、うねりもあったので、あまり遠くに行かず素潜り。

砂地なのでやっぱり濁ってましたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のんびりするには手頃なビーチって感じです。

ビーチから上がって、地元の人と会話すると・・・

「右手に回り込むとサンゴがあってキレイ。」「外国人が良くタンク背負って行ってるよ。」っと教えてくれました。

海況の良い時、リベンジかな。

気が付くと、15:40。かなりの時間を海で遊んでいましたね(笑)。

十分楽しんだので宿に帰ることに・・・宿には17:00に戻れました。

どうです?近くて便利でしょう(笑)。

半日でゆっくり回れる東海岸の観光のご紹介でした 😛 。

 

 

 

 

 

 

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ