ホエールウオッチング 後編。

-->

クジラのブローが見えた瞬間、船上は大歓声です。

くじらの背中が見えると、またもや大歓声。

5960

 

くじらが潜ると水面が少し変わります。

そして潜った後なので、そこにはくじらはもういません。ですよね(笑)。

58

 

くじらは哺乳類なので、もちろん肺呼吸です。

約5分で水面に現れ、また潜ります。その繰り返しだそうです。

潜った後、次は「どこから?」っと全員が水面を注目します。

そして、ブローを発見。

61

 

 

くじらの浮上です。

こどもくじらです。

62

 

何か気合が入っています。

63 そしてフルークダウンで潜水。

ちいさい尾びれをまっすぐ持ち上げ潜水・・・少し斜めです(笑)。 かわいらしいですね 😛 。

今、泳ぎをお母さんに教わっている最中で、練習中です。

もう少ししたら、かっこよく潜水できますね。がんばれ、こどもくじら!!

64

 

 

背中が現れましたが、お母さん?こども?どちらかな。

65

 

ブローの音と勢いが大きいので、お母さんでした。

66

 

67

 

横にはこどもの姿が見えます。

母子が仲良く泳いでます。

「こうやって泳ぐんだよ。」、「よく見てね。」、「もうちょっとだよ。」って言ってるのかなぁ(笑)。

68

 

お母さんがフルークダウンの態勢に入りました。

よく見ると、こどもも潜水体勢?背中が丸まっています。

69

「うぉー。」「すごい。」と船上で大歓声

さすが、お母さん。見事なフォームです。

70

 

 

間近で母子くじらを見て、意気揚々と帰路に向かいました。

母子クジラ、ありがとう。

71

 

 

沖縄ゲストハウス「ふしぬやーうちー」の名付け親と。

宿の名前だけでなく、ダイビングの器材でもいつもお世話になっています。

72

 

くじらの大迫力に感激した1日でした 😛 。

 

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ