やんばるの集落 オーシッタイ地区。

-->

沖縄本島北部・やんばる地域の山奥にオーシッタイと呼ばれる集落があります。

今(2013年)から「30年前」に沖縄本島で一番最後に電気が通った集落です。ちなみに電話も一番最後らしいです。

住所は名護市ですが、オーシッタイは東村(ひがしそん)との境界に近い山の奥深い秘境と言う感じです。

オーシッタイを目指し国道58号線を北上し、県道14号線を右折し山中へ入ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

東海岸が見えてきました・・・もうそろそろオーシッタイの入口です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「いやぁ~あぶないあぶない。」うっかり通り過ぎそうになりました・・・オーシッタイの入口です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

途中野菜の無人販売があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「オール 100円」でなく「オール 100円 」のがなんとなくツボにはまりました(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

売ってる野菜は ニラにおくら・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この野菜は・・・???なんでしょうね・・・さっぱりわかりません(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

手作り感たっぷりの看板。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この看板を過ぎると、舗装も終わり砂利道になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

オーシッタイ地区に入ると20年前に静岡から移住されたご夫婦が営んでいる「コーヒーと手づくりケーキ しゃし☆くま~る」があります。

「しゃし くま~る」とはインドの言葉で「月の息子」と言う意味で、「お釈迦さん」を表しているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

とても秘境の中にあるカフェとは思えない雰囲気のいいかわいらしいカフェです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コーヒーとパイナップルのケーキを注文しました。

写真を撮り忘れましたが、全て奥さんの手づくりです。

そして、こちらは養蜂もされててご主人さんが「蜜蜂ファーム ときわ」をされてます。

ケーキに純度100%の蜂蜜がめちゃくちゃ美味しくて癖になりそうです。

葉蜜を使用した製品を他にもつくられており、お肌にいいクリームもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お二人のお話しが楽しくて2時間半もいました(笑)。

オーシッタイは電気と電話は通ってますが、水道は通っていません。

このオーシッタイは大湿帯と書かれるほにど水が豊富で、全世帯 川から水を引いています。

この集落は明治30年代に政府が推進した開墾集落で、作物も豊富で米や野菜がたくさんとれて豊だっだそうですが、戦後過疎が進み一時は2世帯まで落ち込んだそうです。

そしてその2世帯が山を降りると考えた時期に移住者があり、ミラクルが起こって今は10世帯以上あります。

集落のみんなが梅の苗から育てた梅林があります。

開花時期は幅はありますが、正月±1か月です。

そして収穫は5月のGW頃です。

東日本大震災の時はその収穫による自治会の収益を全て寄付されたそうです。

山奥にある静かな集落オーシッタイ・・・人情の厚い人達の集落ですね。

沖縄本島北部の隠れ家的な観光スポット オーシッタイ・・・やんばるの空気を楽しめます 😛 。

 

 

 

お得な割引情報ご宿泊特典

2 Responses to “やんばるの集落 オーシッタイ地区。”

  1. Yoko Nakakura より:

    オーシッタイへの行き方よくわかりました!通ったことのある道ですが 見落としたみたいです!天気のいい休みの日にいってみようと思います。ちなみにおくらの写真の下の豆は「うりずん豆」で本土では「四角豆」と言うらしいです。本土に住んでいた頃は見たことないですが・・・
    天ぷらにしたら美味しいですよ!本土風サクサクてんぷらで!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ