これから満開を迎える「よへなあじさい園」

 

 

観光客にとって沖縄の定番と言えば「青い海」「青い空」。

今は晴れが続いているとは言え、梅雨入りしている沖縄。

観光客にとって厄介な雨が続いてしまうと、ちょっとテンションが下がりますよね?

でも、雨だからこそ似合う場所があります。

そこは沖縄本島北部の本部町伊豆味の「よへなあじさい園

 

今日の明け方、雨が降っていたので、雨が似合う花「紫陽花」を無性に見たくなってしまい、ゲストさんを誘って行ってきました。

2018年の今年は5月12日から開園。

閉園についてはおそらくまだ決まってないと思います。

ちなみに昨年は6月27日でした。

 

 

紫陽花の中にシダの木があるのが、沖縄の風景を感じますね。

5分咲きと聞いていたんですが、ぱっと見満開ですね。

 

よへなあじさい園はミカン畑だったところに、饒平名(よへな)ウトさんが趣味であじさいを植え始め、徐々に株が増え現在のあじさい園となったそうです。

その饒平名(よへな)ウトさんが今年4月11日に永眠されました。
お悔やみ申し上げます。

昨年音連れた時にお見かけしたので、そのあじさいを眺めながら、少し思いふけってしまいました。

 

 

沖縄で花を見ていると、下向きが多いような気がします。

気のせいかなぁ・・・

 

 

 

 

 

よへなあじさい園では紫陽花をはじめ、いろんな花を販売してます。

 

 

 

開園期間だけオープンしているカフェ「喫茶あじさい園」。

 

 

昨年はヘルパーさんと来たので、今回の写真を送ったら、昨年と同じのを食べてると返信。

まったく覚えてなかったなぁ(笑)

 

大勢の人たちに慕われていた饒平名ウトさんのあじさいがこれから満開を迎えようとしています。

END

 

〒905-0221
沖縄県国頭郡本部町伊豆味1312
0980-47-2183

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ