読谷村2月の風物詩・中日ドラゴンズとサガン鳥栖 読谷キャンプ!!

-->

2月1日から沖縄と宮崎でプロ野球は約1か月間春季キャンプが始まりました。
かたやJリーグはチームによっては1月中旬から海外や日本の各地で約14日間程度の春季キャンプを始めています。

読谷村では1月31日からサガン鳥栖が、2月1日から中日ドラゴンズ(2軍)がキャンプが行われています。
競技場が隣通しなので、便利なんですよね。

1月にオーストラリアで行われたアジアカップのサッカー日本代表FWの豊田陽平選手が所属するサガン鳥栖は3年連続で読谷村でキャンプを行っています。

日本代表はアジアカップオーストラシア大会準々決勝で残念ながら敗退しましたが、PK戦で4人目のキッカーだった豊田選手は見事決めてましたね。

そのサガン鳥栖。
この日はちびっ子のサッカー教室でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA ?????????????????????? ??????????????????????

今日、未来のサムライブルーとなでしこジャパンが生まれたかもね。

中日ドラゴンズはメイングランド、サブグランドそして屋内練習場(近くに行けないですよね)に分かれて練習。
サブグランドが一番選手に近づけます。
どれくらい近くかと言うと、選手が脱いだ帽子を触ることぐらい近くです(笑)
??????????????????????

もちろん選手も近くで見ることができます。
?????????????????????? OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沖縄本島各地で繰り広げられるトッププロのキャンプ。
試合とは違った顔を見ることができるので、楽しいですよ 🙂

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ