ヘルパーさんと真栄田岬・青の洞窟シュノーケルツアー

-->

仕事が終わって空き時間にヘルパーさんを真栄田岬・青の洞窟のシュノケールに行ってきました 🙂

青の洞窟は北風に弱いポイントなので、冬はほとんどクローズです。

この時も前日まで数日間クローズで、翌日から数日間クローズ。
なので、この日は天気もそこそこ良くて、青の洞窟へ行けると言うちょっとラッキーな日でした。

一応ダイブマスターなので、時々ダイビングショップのヘルプに行ってまして、ショップツアーの流れが分かる感じでブログにしてみますね。

真栄田岬の駐車場に現地集合します。
各ダイビングショップのスタッフが駐車場で待機しているので、携帯で「ここにいるよ。」みたいな会話をして落ち合います。
駐車料金は1時間100円です。

更衣室・シャワー室・トイレはもちろんあります。

最初に申し込み用紙に記載して、ウエットスーツに着替えます。
そして注意事項等の説明を行って、海へ出発。

定番の撮影場所。
海へはここから階段を下ります。
階段は94段です。

青の洞窟まで訳120m泳ぎます。

ガイドはフロートを持っているので、慣れるまでフロートに捕まって泳いでもいいですよ。

中間地点からエントリー口方面。

水中。

ボートツアーもあります。
個人的には料金が高くなりますしボートツアーじゃなくてもいいと思います。

洞窟の入り口。
この日は満潮時でした。

ゆっくり洞窟に入ります。
夏は出入りでごったかえしてますが、冬の平日は人が少なくて心地よく遊べますね。

洞窟の奥。
泳がず崖伝いを歩いて、この奥に来れます。

洞窟の奥から入口。

そして水中。

青の洞窟と呼ばれるポイントは洞窟に入ってすぐ左になります。

なので、洞窟へは右側通行で入ります。
そして奥まで泳いで、Uターン。
そのまま右側通行で壁伝いに進んでいくと、青い景色が待っています。

そして記念撮影。
夏はこの写真撮影で30分待ちとかザラなんですよ。
夏に来る場合は朝一の7:00にツアーが良いです。
待ちがないだけでなく、海もきれいでお勧めです。

洞窟をでる頃には、ほとんどの人がフロート無しで泳げるようになっています。

余裕たっぷりです。

だいたい、40分~50分で岸に戻ってきます。

最後は階段の踊り場での記念写真。

いつもこんな感じでシュノーケルツアーを手伝ってます。

ヘルパーさんも沖縄の海に満足してくれたようで、良かったです 🙂

お得な割引情報ご宿泊特典

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ